日々の生活に+α出来たらいいな

日々過ごしてい行く中で幸せに感じた事を記載していきます。

スクリーンタイム

やめたい習慣が多々あるため、生活習慣を見直しています。
その中で今回はiPhoneのスクリーンタイムに着目してみました。

 

スクリーンタイムを確認してみた

表題の通りスクリーンタイム。
スクリーンタイムは自分がiPhoneで何のアプリをいつどれくらい見ていたや、
通知の回数、iPhoneを持ち上げた回数などがザッとわかるシステム。
何も気にせず触ってた時はそれはもう・・・嫌と言うくらい残念な結果でした。

今でこそあまり見ないようにしていますが、当時10時間弱とか言う数値が出た時は
発狂しそうになりました。
そして大半の区分はSNS
知らず知らずに触っていると塵積効果で結構な時間になっています。

 

最近は意図的に抑えてみた

通知は必要最小限以外オフにして、最近は多くて4時間程度と言う数値になっています。
それでも多いように思います。
4時間あれば、いろんなことできますよ?と言う意見が飛んできそうです(苦笑
以前であれば本人が楽しんでいればそれで良くない?と感じていましたが。
年々そうとは思わなくなってきました。

通知に反応やスクリーンを見てしまうと言うことは

無論その分の可処分時間は奪われてしまいます。
納得した上で奪われている分には良いと思います。
そうでない場合は、手を打つ必要があります。
それにネット上のマーケティングを駆使した物欲を最大限に向上させる謳い文句が雪崩のように溢れかえってます。
品物を見ているといくら欲しくないものでも、「やっぱりよさそう?」とかで意欲が湧く場合もあります。
そして本来必要じゃない不要な物を購入してしまう結果に。

 

SNSや好ましくないスクリーンタイムが上がれば上がるほど

自分の時間がなくなりますね。
時間だけでなく目標からも遠ざかりますし、人によってはお金もなくなります。
一概には言えませんが、数ヶ月自分の行動をチェックしていたらそう思えました。
なのでスクリーンタイムの数値は創造に関する項目以外高い場合、生活習慣を変更した方がいいのではと改めて感じました。

最後に。。。

今日から月見バーガー
やっぱり美味しかった!!!